カードローンの利用価値

カードローンでお金を借りるという人は意外と多いです。いかにカードローンでお金を借りる人が多いのかは、街中の契約機やCMで頻繁に目にする所からも想像できます。それだけお金に困っている人が多いという見方もできますが、カードローンは手軽に利用しやすいという点が、利用されている理由として大きいです。

 

そこで、カードローンの手軽さが理解しやすいように、借入れに必要な準備や手順などをまとめました。

 

初心者も安心のカードローン

 

事前準備は一切不要

カードローンを契約する前に保証人を探す準備や、登記簿謄本のような書類を用意する必要はありません。カードローンが利用されている理由として、事前準備が必要ないというのが大きいです。借りたい時にすぐに申込みができるので、急なピンチの時に頼りやすいです。

 

一部例外を除き、カードローンの申込みに必要なのは本人確認書類のみです。免許証があればそれだけで申込みが可能です。本契約時にも追加の書類は特に必要ないので、本当に免許証だけ用意できれば借入れが可能です。

 

借入額と自分の収入によっては、収入証明書類の提出を求められる場合もあります。しかしそれも、借入が50万円以下のような少額のカードローンでは、めったに求められません。逆に100万円を超えるような多額の融資を希望しているのであれば、事前に収入証明書類も用意しておくと安心です。

 

審査時間が短い

カードローン契約時には審査が行われます。審査では返済能力があるかどうかを判断します。審査に時間がかかってしまうと、中々融資が受けられません。急ぎでお金が必要な人であれば、審査が長引くと不安になったりイライラしたりします。

 

カードローンの審査はそれ程時間がかかりません。当日中、早ければ30分程度で結果を返すカードローンもあります。審査さえ通れば後は契約手続きなので、借入れまではスムーズです。必要書類の事前準備が必要ないので、すぐに契約手続きに進められます。

 

ただし、審査時間については長引く場合もあります。営業時間外であれば翌営業日に審査結果が出る場合もありますし、単純に審査窓口が混み合って間に合わない場合もあります。その為申込みは余裕をもって行うか、どうしても急ぎの場合にはその旨を伝えて審査を優先的に行ってもらいましょう。

 

最低限の基本さえ知っていれば対応が可能となるカードローンなら早い即日融資も可能となるので、急な出費があった際でも頼れるのがカードローンの大きな魅力となります。

 

必要な分だけ借りて返せる範囲で返済する

カードローン契約後の借入は、主にカードを使って行います。カードには限度額が決められていますが、限度額の範囲内であれば借入れは自由に行えます。もしも限度額いっぱいまで借りても、返済すれば再度借入れができます。

 

借入額については自由で、その都度必要な分だけ借入れができます。もちろん利息も借入金に対してだけ発生します。必要な分だけ自由に借入れができるので、生活のあらゆる場面で役立ちます。

 

返済については期日がありますが、期日までに決められた金額返済すれば問題ありません。10万円借りたからと言って、いきなり10万円の返済をもとめられるわけではありません。毎回返済する金額は借入額に対して数%程度です。コツコツと無理なく返済できるので、安心です。

 

また、カードローンでは繰上げ返済も自由に行えます。各種ローンの場合、繰上げ返済をすると手数料がかかる場合がありますが、カードローンでは手数料がかかりません。単純に繰上げ返済をした分だけ、かかる利息を抑えられます。繰上げ返済に特別な手続きは必要なく、ATMから自由に行えます。

 

提携ATM利用時の手数料がかからないオリックス銀行カードローンのATM利用なら繰上げ返済を行う際も、追加で借りる際にも手数料を気にする必要がありません。必要なときにカードが提携ATMで使えるので、そのあたりのサービス面も含めてカードローンを選ぶと失敗をしにくくなります。

 

来店不要のカードローンも増えている

カードローンの申込みの為に銀行などに足を運ぶのは昔の話です。もちろん店頭受付も可能ですが、現在はインターネットで申込みできるカードローンがほとんどです。来店不要で審査結果がわかります。

 

中には契約手続きや借入れまで、全てインターネットで完結するカードローンもあります。来店不要で手続きが完結するので、日中仕事で時間がとれない人でも容易に借入れができます。